ブログ

ワイス博士の所感P56

初回のマスターとの遭遇後

ワイス博士 管理者コメント

マスター達とは一体何者か。
これは現実か。
父と息子は葬られて何年もしてから、二人は私に話しかけ、他人の知らない特別の秘密を知らせて、本当に自分たちであることを証明した。
息子は進化した魂の持ち主だったのか?
息子は自分で同意して私たちの所に生まれ23日で死ぬことにより、私たちのカルマを返す手助けをし精神科医になるように決心させてくれたのか?
私の心の中に温かいものがあふれてきた。
すべてのものとの一体感と、天地とともにある感覚を感じていた。
父と亡くなった息子がとてもいとおしく感じられた。
二人が私に連絡してくれたことが本当にうれしかった。

その時以降、私の人生はすっかり変わってしまった。
注意深く批判的に一定の距離を置いて読んでいたたくさんの本が、すべて納得できてしまった。
キャサリンの過去生の記憶もメッセージも本当だった。
私は事実を掌握したのだ。証拠を得たのだった。

しかし、以前の慣れ親しんだ論理的な考え方と猜疑心が、心の中で反対を唱えていた。
単なるESPとか、超能力的技術かもしれないじゃないか。
それが、輪廻転生とか精霊の存在なんかを証明しはしないさ。
しかし、今度は私はもっとよく知っていた。
一度も聞いたことがない外国語を話せる子供、
前世で致命傷を負ったところにアザを持って生まれた子供、
何世紀も前に何千キロも離れたところに宝物のことを知っている子供、
証拠はあまりにも強力でしかも強烈だった。
これは本当のことなのだ。
実際に体験してみなければ、こうした概念を信ずるのはどんなに難しいか、私にはよく理解できた。
頭で理解するだけでなくそれを信ずるようになるためには、体験が必要なのだ。

私の心は今やっと、キャサリンの言っていることが真実である、いや、多分そうに違いない、と感じていた。
私の父や息子に関する情報は、普通の手段では得られるはずがなかった。
彼女の知識や能力は、確かにすばらしい超能力の存在を証明していた。
キャサリンのことは信じられても、本の中に書かれていることに対しては、私はまだ用心深く懐疑的な態度を保っていた。
超能力的現象や死後の世界や、不思議な超常現象等について報告している人達は、一体、どんな人物なのだろうか?
彼等は科学的な観察方法や照明の手法について、きちんとした訓練を受けているのだろうか?
キャサリンとの圧倒的なすばらしい体験にもかかわらず、私の生まれながらの批判的精神がこれからも、あらゆる事柄、あらゆる情報を細かく検証させずにはいないだろうと、私は自分で知っていた。
新しい情報が、それまでのセッションで形作られた枠組みにどう合致するのか、これからもチェックするだろう。
科学者の厳格な目で、すべての角度から調べてみるだろう。
しかし、それにもかかわらず、私はすでに枠組みがそこにあることを、もはや否定することはできなかった。


 ワイス博士はキャサリンの診察で突如現れたマスターとの交信(亡き父と、亡き息子からの情報)に動揺している。
「私は事実を掌握したのだ。証拠を得たのだった。」
「これは本当のことなのだ。
実際に体験してみなければ、こうした概念を信ずるのはどんなに難しいか、私にはよく理解できた。
頭で理解するだけでなくそれを信ずるようになるためには、体験が必要なのだ。」
と霊魂の存在を、肯定的に断言したり、はたまた、
「キャサリンとの圧倒的なすばらしい体験にもかかわらず、私の生まれながらの批判的精神がこれからも、あらゆる事柄、あらゆる情報を細かく検証させずにはいないだろうと、私は自分で知っていた。
新しい情報が、それまでのセッションで形作られた枠組みにどう合致するのか、これからもチェックするだろう。
科学者の厳格な目で、すべての角度から調べてみるだろう。」
と霊魂を確信するのではなく、客観的に研究することを言ってみたり、最後には
「しかし、それにもかかわらず、私はすでに枠組みがそこにあることを、もはや否定することはできなかった。」と、ほぼ、霊魂の存在を肯定する。

この混乱の原因は、事実とその評価、が完全に分離できていないところから生じている。

私は次の通り、考察する。

<事実>
「キャサリンが、知るはずのない著者の亡き父、亡き息子のできごとについて、述べる。」
これを一般化して表現すると、
「キャサリンは超能力があり、「何らかの情報エネルギー」にアクセスできる。」
となる。
このことは、何人も否定できない事実である。
(勿論、ワイス博士が述べている状況が事実であることを仮定する。以降も同じ。管理者自身は、博士の著書を読むと、事実のハナシと感じる。)

<評価>
上記事実の核心は、「何らかの情報エネルギー」である。

・「何らかの情報エネルギー」は、霊魂である。
・「何らかの情報エネルギー」は、ワイス博士のオーラである。
・「何らかの情報エネルギー」は、アカシックレコードである。

<仮定>
・「何らかの情報エネルギー」は、様々な形態をとる。
  それらは、霊魂、オーラ、アカシックレコードである。

それらの形態のシステム(相互関連性)は、今後、他の事実を参照することにより導かれていくであろう。

今後、ヒトの認識論を考察しなくてはいけないだろう。
認識とは何か、
五感で感じれないことを認識することとは何か、
国家を、法律を、言語を、量子論を、認識する、とはどういうことか、
そして、霊魂を認識するとは、

 

0
About this page

ワイス博士の前世療法の正当性を検証します。
本書の前世経験を時系列に並べ、そこから、前世療法の正当性を検証していきます。

 

p No 時代 場所 民族 年齢 名前 体験内容
48   1873年 バージニアか? 黒人 子供 アビー プランテーション
一つの大きな屋敷
たくさんの奴隷小屋
暑い南部 
馬、とうもろこし、たばこ、がある
前に砂の道
馬に乗った人の往来
たくさんの木
アビーは他の召使いと、お屋敷の台所にいる
屋敷が火事になり焼き落ちる
   

1888年

        ガラス窓が沢山あるレンガ造りの家。
2Fの歪んですみに取っ手がついた大きな鏡を磨いている。
敷地内に学校があるが自分は行かせてもらえない。
主人の名はジェイソン・マンソン。
あごひげがああり、ボタンが3つついた大きな黒い襟の奇妙な上着を着ている。
自分はバターも作る。キャサリンは5分間バターの作り方を習った。
   

もっと先

        彼氏がいる。
リンゴの木、アヒルがいる。
煙で樽の内側を黒く焼いてタールで水が漏らないようにしている。
             

(※ ここまで療法に90分費やしている。
ベッドカバーのかけ方、バターの作り方、樽のいぶし方、などを微に入り細に入り聞かされた。)

    死の直前    

60代 

   60代のしなびた老女。
人が部屋にいる。
すごく熱があり、寒い。
へんなにおいのお茶の葉くれる。
胸に塗り薬を塗っている。
静かに死んだ。
天井まで浮かび上がり、ベッドの自分の亡骸を見下ろしている。
誰かが助けに来てくれるのを待っていた。
光があるのに気付くと、その光のほうに引っ張られていく。
光はどんどん明るくなり、輝かしさを増した。




ワイス博士所感

 

P ワイス博士 感想
52 死や死後の世界に対するキャサリンの考え方が、転生のたびごとに、まったく違っている。
死そのものの体験はいつも全く同じ。
・意識体が体を離れ、上に浮かぶ
・すばらしいエネルギーに満ちた光のほうへ引き寄せられる。
・しばらく、誰かが助けに来てくれるのを待っている。

転生のたびごとに、まったく違っている。ということは、
キャサリンが、実際に前世を体験している証拠になるだろう。
p NO 時代 場所 民族 年齢 名前 体験内容
50   1888年より何千年前         ・洪水のせいで沢山の人、馬、牛が、病気になって死んでいく。水辺に水を汲みに行くが、その水が原因で病気になる。
胃と腸がやられる。体から水が失われる。
病気が怖いので、死体の防腐処理せずに葬るので、魂がこちらの世界に戻れないと思っている。
・にんにくが沢山、部屋にも部屋の外にも、つるさがっている。にんにくは、血の中の悪いものを殺して、肉体を浄化すると信じられている。
いちじく、なつめ、その他の薬草もある。
口にくわえたり、耳の穴の中に入れておく。
・やせて渇いている平らな土地。
    死後         体の上に浮かび上がり、光のほうへ引き寄せられた。
ブログ

マスターp52

ワイス博士について

キャサリンの声がしわがれた大きな声になった。

マスター ワイス博士
神は沢山いる。なぜなら、神は我々一人ひとりの中にあるからだ。 この声は、中間生から来ている。
しわがれた声になり、メッセージが急に確信に満ちた霊的な調子になったから。
ワイス博士のお父様がここにいる。
ワイス博士の小さなお子様もここにいる。
・アブロムという名を言えばわかる。(お父様から)
お嬢様の名前はお父様の名前からとったそうですね。
お父様は心臓の病気で死にました。
・息子さんの心臓は鳥の心臓ように逆さになってなっていた。
息子さんは愛が深くワイス博士のために犠牲的な役割を果たした。
息子さんの魂は非常に進化した魂なのです。
息子さんの死は、両親のカルマの負債を返しました。
息子さんは医学の分野にも限界があること、その範囲は非常に限られたものであることを、教えたかった。
キャサリンはワイス博士の個人的な生活については何一つ知らなかった。
・ワイス博士の父
ヘブライ名はアブロム 英語名はアルビン
娘のエイミイの名前はアブロムにちなんで命名された。
61歳でひどい心臓発作で死んだ。
(キャサリン初診の7ケ月前)
・ワイス博士の息子
1971年、博士の息子アダムが生後23日で亡くなった。
1千万人にひとりの病気。
心臓が後ろのほうにひっくり返ったようになっていた。
アダムが死んだことを契機に医学に愛想をつかし、精神医学へと進んだ。

0