ブログ

ワイス博士について

キャサリンの声がしわがれた大きな声になった。

マスター ワイス博士
神は沢山いる。なぜなら、神は我々一人ひとりの中にあるからだ。 この声は、中間生から来ている。
しわがれた声になり、メッセージが急に確信に満ちた霊的な調子になったから。
ワイス博士のお父様がここにいる。
ワイス博士の小さなお子様もここにいる。
・アブロムという名を言えばわかる。(お父様から)
お嬢様の名前はお父様の名前からとったそうですね。
お父様は心臓の病気で死にました。
・息子さんの心臓は鳥の心臓ように逆さになってなっていた。
息子さんは愛が深くワイス博士のために犠牲的な役割を果たした。
息子さんの魂は非常に進化した魂なのです。
息子さんの死は、両親のカルマの負債を返しました。
息子さんは医学の分野にも限界があること、その範囲は非常に限られたものであることを、教えたかった。
キャサリンはワイス博士の個人的な生活については何一つ知らなかった。
・ワイス博士の父
ヘブライ名はアブロム 英語名はアルビン
娘のエイミイの名前はアブロムにちなんで命名された。
61歳でひどい心臓発作で死んだ。
(キャサリン初診の7ケ月前)
・ワイス博士の息子
1971年、博士の息子アダムが生後23日で亡くなった。
1千万人にひとりの病気。
心臓が後ろのほうにひっくり返ったようになっていた。
アダムが死んだことを契機に医学に愛想をつかし、精神医学へと進んだ。